見直したい酵素の力!大根を食べて、カラダの中からキレイになる


「酵素」と聞くと、どんなことをイメージしますか?「なんとなくカラダに良さそう!」そんなイメージがあるかもしれません。

もちろん、カラダにいいことは間違いないのですが、酵素は人間の体内でとても重要な役割を果たしていて、酵素がなければ生命活動は維持できないのです。

カラダの老廃物を出すために、体内にある酵素は3000種類!

pixta_19618925_M (1)

人間の体内では、生命維持に必要な化学反応が常に起きています。それをサポートしているのが酵素の役割。消化酵素と代謝酵素の2つに分けられ、その名の通り、消化と代謝の働きを支えています。つまり、カラダから老廃物を出すために酵素は絶対に必要なのです。

そして、1つの酵素は1つの仕事しかしません。そのため、体内に存在する酵素の種類は、なんと3000種類にものぼると言われています!

ビタミン剤やサプリメントを飲んでも「効き目を感じられない!」それって酵素不足かも

pixta_13457997_M (1)

健康や美容のためにビタミン剤を飲んでいるのに「効果が感じられない!」という人、それは酵素が足りないからかもしれません。ビタミン・ミネラルといった栄養素も、酵素がなければうまく機能してくれないのです。

実は酵素の元はタンパク質。タンパク質は熱を加えると、その活性を失ってしまいます。加熱調理したものばかり食べていては、体内はやがて酵素不足に陥ってしまうのです。特に現代は、食生活の欧米化や加工食品の普及で、酵素が不足しがちです。

酵素が不足すると、血液はドロドロになり、病気を引き起こす原因に。また、代謝も悪くなり、便秘、太りやすい、肌が荒れるなど美容にも悪影響を及ぼします。

酵素を上手に取り入れるなら生野菜!特に大根には消化酵素がたっぷり

Daikon radishes isolated on white background

「酵素、不足しているかも」と感じたなら、オススメの食材があります。酵素は生の野菜を食べることで効率良く摂取できるのです。特にオススメしたいのが大根。

大根にはアミラーゼ、プロテアーゼ、リパーゼといった消化酵素が豊富に含まれています。もちろん生で食べることで、その栄養素を無駄なく摂取することができます。

焼き魚や天ぷらなど、脂っこい料理に大根おろしが添えられるのは、消化を助けるという意味で、とても理にかなっているのです。

大根おろしは皮ごと!生の大根を美味しく食べるには

pixta_18985129_M (1)

ここで大根おろしのポイントを一つ。大根をよく洗ったら、ぜひ、皮ごとすりおろしましょう。大根の皮にはビタミンC、そして多くの酵素が含まれています。栄養をもれなく摂取したいと考えるなら、絶対に皮を剥いてはいけません。

ピーラーや野菜カッターでスライスして大根サラダにするのもアリ。塩、ドレッシング、しょうゆなどで味付けするほか、青じそ、小ネギ、レモンなど薬味を添えることでビタミン、ミネラルと酵素が連動して働き、より効果的です。また、細かく切ることで、食べやすくなり量も多く取れて、消化もしやすくなります。

ここでのポイントは「できるだけ早く」食べること。切ったりおろしたりすると、酵素は時間の経過とともに酸化して、酵素が減ってしまいます。30分以内には食べるようにしましょう。食前に食べると満腹感も出て、ダイエット効果も期待できます。

「大根食べれば医者いらず」は本当だった!

pixta_4096901_M (1)

私たちのカラダにいい効果をたくさん与えてくれる酵素の力。しっかり補給すれば、健康な体を作るのはもちろん、痩せやすい体質に変えていくこともできます。

そんな酵素を多く含む大根は、昔から「大根食べれば医者いらず」と言われているほど栄養価の高い野菜。しかも、どこでも手に入る身近な食材です。ぜひ大根の酵素パワーを実感してみてください。

◯監修
中村美穂/管理栄養士、フードコーディネーター
東京農業大学卒業後、デパ地下惣菜店の商品開発を経て保育園栄養士として乳幼児の食事作りや食育活動に携わる。2009年に独立し、野菜料理とお菓子の教室「おいしい楽しい食時間」を主催するほか、自治体での栄養講習会や書籍・雑誌等のレシピ制作も多く担当している。